医療脱毛前後の飲酒は避けましょう

医療脱毛前後の飲酒は避けましょう

記事のイメージ画像

医療脱毛は安全性も高く、高い脱毛効果を得られることで知られています。施術そのものは安全に行われますが、前後のケアが良くないと肌トラブルが起きる可能性があります。お酒が好きな方は施術に影響が出る可能性もありますので、施術前後の飲酒は控えておくことがおすすめです。

施術前にお酒を飲むことによる影響

医療脱毛は肌に照射を行うだけですので、飲酒の影響はそれほどないのではと考えている人もあるのではないでしょうか。医療脱毛は安全な施施術の際に気分が悪くなってしまう術ですが、より安全に行うためにも注意事項はよく確認しておきましょう。施術前にお酒が良くない理由としては、施術中に体調不良が起こる可能性があるということがあげられます。飲み過ぎた翌日に施術を受けると途中で吐き気がしたり、気分が悪くなってしまう可能性がありますので、やはり飲酒は避けたほうが無難です。そしてお酒を飲むことは血行が良くなることにもつながりますが、肌がかゆくなったり、火照りが出やすくなることも考えられます。

脱毛後の飲酒の影響も知っておこう

施術前にはお酒は避けておくほうが良いですが、無事に施術が終わったからとすぐに飲酒を行うことも肌トラブルにつながります。医療脱毛が終わったあとはクーリングなどの肌のケアが行われますが、それでも肌の状態を通常のように戻すのにはそれなりに時間も必要です。お酒は血行を良くすることにつながりますので、施術した間もなくお酒を飲んでしまうと赤みやかゆみなどのトラブルが起きやすくなります。肌が赤くなることは見た目も悪くなってしまいますし、ダウンタイムも長くなってしまいますので、やはり当日の飲酒は避けたほうが無難です。お酒だけではなく、血行を良くする長時間の入浴も避けるようにしましょう。

飲み会があるときは脱毛の予約は避ける

医療脱毛を行う場合はあらかじめ予約を行うことが一般的です。それゆえ、脱毛の前後にお酒を飲む機会があるとわかっているときは、飲み会を避けて予約を行っておく と安心です。施術の前後に飲み会があるという場合は、キャンセルするか、参加してもお酒を飲まずソフトドリンクにするなど対応をしておきましょう。そして、医療脱毛を行っているからといって、いつまでも禁酒をしなくてはいけないというわけではありません。お酒を控えたいのは、脱毛の前日、さらに施術を行った当日などですので、肌の状態が落ち着いたらいつものようにお酒を楽しむことができます。

まとめ

お酒は楽しみのひとつですが、医療脱毛を行う前後は避けておくことがおすすめです。お酒は血行を良くする効果があり、赤みやほてり、かゆみなどが出やすくなってしまいます。施術中に気分が悪くなる可能性もありますので、施術前後はお酒は避けるようにしましょう

比較ページへのリンク画像